スナックのカラオケでの立ち振る舞い方。曲選びや盛り上がる曲とは?

スナックは皆んなで楽しむ場所

スナックでは、見知らぬ人とカラオケを楽しむことになります。

その為、自分の好きな歌ばかり歌っていたら、場が白けるのは必須です。

何よりスナックでは、その空間を楽しむというのが前提になります。

友達同士でカラオケに来ている時のように、好きな曲ばかりを歌うというのは間違っていますよ。

でも何も知らなければ、自分の好きな歌手の曲を歌ってしまいますよね。

他にも自分の歌に酔いしれて、マイクを離さないということがあるかもしれません。

ですがスナックでは、これらの行為は厳禁です。

理由は先ほども書きましたが、スナックという場所は、自分だけが楽しむ場所ではないからです。

もちろん自分自身も楽しまないといけませんよ。

が、それでも独りよがりに楽しむのは違うのです。

それにみんなで楽しく過ごすことができれば、自ずと自分も楽しくなりますからね。

この記事では、そんな知らず知らずのうちに自分だけが楽しむ。

そんな状況にならないように、スナックでの立ち振る舞い方や、オススメのスナックの選曲の仕方を書いていきます。

スナックでの立ち振る舞い方

一曲ずつ交代

スナックではお酒も入っていますし、何より皆さんが盛り上げてくれるので、歌っていると楽しくなってきます。

それで勢いのまま二曲目も自分で歌いたいな、と思うかもしれません。

ですがスナックでは、同じ人が続けて歌うのはあまり歓迎されていません。

自分で置き換えていただいたら分かるのですが、カラオケは歌っている間、その人の歌を聞かなければなりません。

その為、二曲も三曲も同じ人が歌うとなると、退屈してくるのは必須ですよね。

だから順番交代でマイクを渡しましょう。

それでも時たま、アンコールが入って「歌って」と言われることがあります。

そんな場合は、遠慮なしに続けて歌っていただいても構いませんよ。

皆んなが納得して、貴方の歌を聴きたいということですからね。

ですが基本は一曲ずつ交代になるので、その点は注意してください。

デンモク死守はダメ

何を歌おうかな、とデンモクをいじるのは仕方のないことです。

それでも長時間に渡ってデンモクを死守するのはよくありません。

他の人もデンモクを使って曲探しをしたいからですね。

それに、そもそも論になってしまうのですが、スナックのカラオケでは大抵の人は18番を歌います。

理由は女の子に気に入られたいのはもちろんのこと、スナックではそこまで自分の番が回ってきませんからね。

友達とカラオケに行ってる時みたいに、カラオケがメインではないからですね。

スナックのメインは、やはりお話をしてお酒を飲むことになります。

だから必然的に18番を歌うことになるのです。

更にスナックでは、本当に自分の好きな曲を歌うのではなく、雰囲気にあった曲を選択することが多くなります。

結果的にメジャーな曲を選曲することになるので、そこまでデンモクで曲選びする必要はないのです。

だからではないですが、長時間デンモクとにらめっこするのはやめましょう。

その触っている間は、画面に集中してしまうので、話にもうまく加われないですしね。

一緒に盛り上がる

スナックの店内は非常に狭いことが多いです。

その為、カラオケが始まると、知らない人のカラオケを聞くことになります。

更にカラオケの音量は結構大きいので、他の人と話すこともままなりません。

だからと言って、あからさまに知らない人の歌を聴くのは退屈だな、という感情を表に出してはいけませんよ。

例え歌っている人が全く知らない人でも、手拍子などをして一緒に盛り上がりましょう

そうすれば、もし貴方がカラオケを歌う時が来た時、周りも一緒になって盛り上げてくれますからね。

しかも他の人が歌っている時に、自分も盛り上がることができれば、自分自身も楽しくなってくること間違いありませんからね。

そういった雰囲気を楽しむのも、スナックの醍醐味と言えるでしょう。

それを覚えておいてください。

オススメな選曲の仕方

昭和の有名な曲

スナックに訪れるお客さんは、基本的に年齢層は高めです。

その為、今流行りの「あいみょん」なんかを歌っても、シラけるとまではいかなくともさほど盛り上がらないでしょう。

スナックで盛り上がる曲といえば、やはり昭和とかの曲になってきます。

そして何よりも、みんなが知っていることが重要になってきます。

いくら昭和の歌だからと言って、自分だけが好きな歌を歌ってもイマイチ盛り上がりません。

スナックのカラオケで歌う時は、昭和の歌で有名な曲を選曲しましょう。

特にオススメな曲は

  • やっぱ好きやねん(やしきたかじん)
  • 時のすぐゆくままに(沢田研二)
  • 南部蝉しぐれ(福田 こうへい)
  • また逢う日まで(尾崎紀世彦)
  • 酒よ(吉幾三)
  • 勝手にしやがれ(沢田研二)
  • 祭り(北島三郎)
  • ワインレッドの心(安全地帯)

などでしょうか。

これらを歌えば、スナックで盛り上がること間違いありません。

これらの曲はみなさんご存知の有名な曲ですからね。

逆に平成生まれの方には馴染みがないかもしれませんが、スナックなどで歌われる曲はこういったものが多いのです。

少し聞いて練習しておきましょう。

デュエット曲を歌おう

もし1人で歌うのが嫌な方や、もっとみんなで盛り上がりたいな、と考えている人はデュエット曲がオススメです。

デュエット曲は、2人で歌うことになるので、意中のママやキャストさんと一緒に歌うと、盛り上がること間違いありません。

ただそのデュエット曲も、あまり有名でない曲ならば、キャストさんなんかが知らない場合があります。

そんなことになれば、デュエット曲にも関わらず1人で歌うことになりかねません。

そうならないように、オススメのスナックでのデュエット曲を書きますね。

オススメデュエット曲

  • 居酒屋(五木ひろし/木の実ナナ)
  • 今夜は離さない(橋 幸夫/安倍 里葎子)
  • 男と女のラブゲーム(日野美歌&葵司朗)
  • 北空港(浜圭介と桂 銀淑)
  • ロンリー・チャップリン(鈴木聖美 with Rats & Star)
  • 銀座の恋の物語(石原裕次郎・牧村旬子)

などですかね。

これらの曲は鉄板ですので、覚えておいて損はないですよ。

年代別で調べる

上記に書いたオススメの曲は、やはり昭和の歌になります。

スナックと言っても、キャストさんやママも若い場合があります。

恐らく上記の曲はかなり有名なので、知らないということはないでしょうが、もし心配な方はデンモクを使いましょう。

デンモクとはカラオケの曲を選択する機械なのですが、それの中の項目で『あの頃』や『この頃』というのがあると思います。

それらを選択すると、人気の曲が一覧で出てきます。

その中から曲を選べは、選曲ミスはなくなりますよ。

更にそのデンモクの中に『デュエット』という項目があり、人気順に並び替えることもできます。

その中から選んで歌っても、盛り上がること間違いなしですよ。

それでも心配な方は、ママやキャストさんに「何を歌おうか」と投げかけてもいいかもしれません。

ママやキャストさんが聞きたい曲であったり、盛り上がりそうな曲を提案してくれますよ。

最後に

どうでしたか?

今回書いたことを念頭に置いておけば、よりスナックを楽しめることだと思います。

スナックで楽しむ上で1番重要なのが、人と楽しさを共有するということですからね。

そういった意味で、カラオケなどで自分勝手な行動はしてはいけないのです。

ちなみにバラードの曲も時と場合によりますが、あまりオススメはしません。

時と場合と書いたのは、バラードが良い場面もあるからです。

例えばカラオケも終盤に差し掛かり、みんなが良い感じに酔っている時は、バラードを聞いてしみじみ飲みたい。

そんな場面もあるかもしれませんからね。

そればっかりはその時の空気になりますので、空気を読むというのもスナックでは大事になってくるのです。

東京のスナック

大阪のスナック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です